変わる。乳酸菌で - 自分に合う乳酸菌を知る

Dr. Mari 乳酸菌セレクト

アレルゲンに負けない身体をつくる。

花粉症やアトピーなどのアレルギー症状に悩む方は、日本人の3~4人に1人もいると言われています。
これらの対策に欠かせないのが、腸内環境です(詳しくはこちらもご覧ください)。
腸内環境が整っていると、免疫のバランスも整い花粉を異物として攻撃することを抑えてくれるので、アレルギー症状が緩和されます。

また、免疫機能がしっかりと働いていれば、花粉などの不要なものが侵入しないようブロックします。
更には、消化力も高まり、タンパク質である花粉をアミノ酸まで分解して吸収することができるので、異物として認識されにくくなり、アレルギー反応を減らします。
chonai01

乳酸菌で花粉に負けない

この腸内環境に欠かせないのが乳酸菌です。

乳酸菌を代表とする善玉菌は、病原菌やウイルスから身体を守り、ビタミンなどの有益な物質をつくりだします。
一方でウェルシュ菌などの悪玉菌は、腸内を腐敗させ、有害物質をつくりだします。
バランスの良い腸内環境では、善玉菌と悪玉菌が3:2程度の割合で存在すると言われています。

善玉菌を優位にしてあげると悪玉菌は減少するので、乳酸菌を増やしてあげることが、腸内環境を整え、花粉などのアレルゲンに負けない身体づくりに繋がります。

ただ乳酸菌を飲んでもダメ

効果を実感できる乳酸菌には出会えましたか?

最近、「乳酸菌」「腸内環境」「腸内フローラ」という言葉をよく聞くようになりました。巷にも乳酸菌入りの食品が溢れています。しかし残念ながら、効果を実感した人は少ないのではないでしょうか。

それは、まず1つに、ほとんどの乳酸菌が胃酸で死滅してしまうから。次に、生きて腸まで届いても定着しないから、です。また、ヨーグルトなどの乳製品を摂り過ぎることは、動物性タンパク質によるアレルギー反応促進やカロリー過剰にもなります。「乳酸菌が入っている」=「身体に良い」という安易な思い込みは逆効果にもなり得るのです。

自分だけの乳酸菌がある

人がそれぞれ顔や性格が違うように腸内の乳酸菌も一人ずつ違っています。乳酸菌が生きて腸まで届いても定着しないのは、相性が良くないからなのです。しかし、現在の医学では自分の腸内の細菌叢(さいきんそう)を全て知ることはできないどころか、まだ発見もされていない腸内細菌がたくさんいると言われています。

では、どうやって乳酸菌を選べばよいのでしょうか?
その解決策の1つとして、元々自分の腸に住んでいる乳酸菌を増やす方法があります。乳酸菌生成エキスなど、乳酸菌の成長因子を摂るのです。この方法は日本において優れた結果を出していますが、一定の割合で変化のない方がいらっしゃいます。

元々、日本人は、味噌などの発酵食品や野菜など腸内環境が良くなる食事が中心でした。しかし、ここ数十年で食生活が変わり、ストレスも加わり、今までにないほど腸内環境が悪化していると言われています。腸内環境が悪い人は、乳酸菌生成エキスを摂っても、成長させる元の乳酸菌が少ないのでうまくいかないのです。

そのような方には、乳酸菌の種類と量を増やしてあげる方法がよいでしょう。
1カプセルに数百億から千億もの大量の乳酸菌を含有するものなどと乳酸菌生成エキスを組み合わせることで優れた結果が期待できます。
12兆の細菌がいると言われている腸内に数億の乳酸菌を加えたところで変化は期待出来ませんが、数百億であれば、積み重ねていくことで変化が期待できます。

このように、人それぞれに合わせた乳酸菌と飲み方があるのです。
chonai02

自分だけの飲み方がある

腸内環境はストレスや生活習慣とも密接に関係があります。

ストレスでお腹が痛くなる、下痢になるなど、ストレスと腸は強い結びつきがあります。食生活や生活習慣とも関係が強いものです。つまり、ストレスや生活習慣によって善玉菌が減り、腸内環境が悪化してしまうのですが、現代ではそういう方が非常に多くなっています。

「乳酸菌さえ飲んでいれば、ストレスや生活習慣はどうでもいい」わけがありません。高ストレスの毎日を送っていれば、せっかくの乳酸菌も腸内環境を整えるためではなく、悪化を食い止めるために消費されてしまいます。

そうした方は、ストレスのコントロールや生活習慣の改善も組み合わせ、乳酸菌を最初は倍摂るなどといったことが必要になります。

また、病気療養中の方、抗生物質を服用されている方など、乳酸菌の種類も飲み方もかわってきます。

自分に合う乳酸菌を知る

自分に合う乳酸菌と飲み方を探そうとするとき、ご自身の生活習慣や心身の状態をよく知る必要があります。「世間で良いと言われているから」という安易な理由で決めてしまうのは、お金の無駄遣いになるどころか、逆効果を生むことだってあるのです。

そういう場合はプロのサポートをご利用ください。当院は乳酸菌とストレスコントロールで現代病を治療するプロフェッショナルです。

本来であれば、乳酸菌とストレスコントロールの両方を行っていただくことでベストの治療を行えるのですが、
・忙しい!
・遠い!
・来院が難しい!
・とりあえず乳酸菌だけ試してみたい!
そういった声を多数いただきました。

そこで試行錯誤を重ね、当院の智慧を総動員して来院不要で私たちプロのサポートを受けていただけるサービスを考案しました。

その名も『Dr. Mari 乳酸菌セレクト』。なんと、ご利用料金は無料です。
しかも、ご利用方法はとても簡単。
本ページ末の申込フォームから簡単な質問にお答えいただくだけ。
その回答内容に応じて、医師があなたに合った乳酸菌とその飲み方をお伝えします。購入するかどうかはご自身でご判断ください。ただどうしても、乳酸菌の摂取だけでは不足する面が発生しますので、ストレスコントロールや生活習慣について学んでいただく、メール講座を準備しました。
本サービスをご利用の方にはお申込と同時にもれなく『メール講座』に登録させていただきます(ご不要の方はお申込後に解約が可能です)

『Dr. Mari 乳酸菌セレクト』ご利用の流れ

1.申込フォームから質問に答える
2.乳酸菌と飲み方の連絡を受ける
3.Dr.Mari Select Shop でご希望の乳酸菌を購入
あとは、メール講座のストレスコントロールを実践しながら乳酸菌を摂取するだけ。
すべてインターネットやメールで行うので来院不要です。
どのような結果が得られたか、「みなさまの声」よりご投稿いただけますと幸いです。

ほとんどの方が3ヶ月で実感

細胞の質は腸が決める!

約60兆個の細胞で構成される私たちの身体は、日々新陳代謝を繰り返しております。細胞へと栄養素を送る血液の質は、腸の状態によって大きく左右します。善玉菌優性でビタミンなどが豊富か、悪玉菌優性で有害物質が多いか、それによって細胞の質が変わってくるのです。

腸内環境が変わり、血液の質が変わり、細胞の質が変わる。新陳代謝を繰り返し、肌や臓器が綺麗な細胞でつくりあげられることで、体質改善できると言えます。これにかかるのが約3ヶ月。ですから、3ヶ月で実感される方が多いのだと思われます。

「花粉症の症状が劇的に改善!」

花粉症歴25年の方の言葉です。メール講座レベル(初歩レベル)の生活習慣改善を約1年続けられました。初年度は乳酸菌生成エキスを飲むことが習慣化せず(週2回程度)、結果が出ませんでしたが、2年目は毎朝、乳酸菌生成エキスを年末頃から飲み始め、花粉の舞い始めた2月には明らかな違いがあったそうです。気分を良くして、2月からは量と種類を増やす乳酸菌も摂取され、「マスクなしで外出しても気が付かない」などの劇的な変化があったそうです。3年目は11月から乳酸菌生成エキスを摂り始め、春が来るのが楽しみだとおっしゃっていました。

「変わる。」乳酸菌で

花粉症、アトピー、喘息などのアレルギー症状のあった方、便秘、肌荒れ、疲労感、発疹、口内炎など生活の質に関わる問題を抱えていた方、こういった方々が薬と違って副作用のない方法で「変わる。」を体感されています。

まずは乳酸菌だけ試してみたい!と言う方は、
・来院不要
・無料
・簡単

『Dr. Mari 乳酸菌セレクト』をご利用ください。

来院してご利用の方はこちらから、来院しないでご利用の方は、本ページ下の申込フォームよりお申込ください。

『Dr. Mari 乳酸菌セレクト』申込フォーム


メール講座に登録しますか?
お名前* 
性別*   男性 女性
生年月日*
E-mail* 
職種* 
役職* 
ご紹介者

1.現在当てはまる症状があればチェックしてください(複数回答可)
 ひどく疲れる 胃酸過多になる 下痢をする げっぷが出る 手に汗をかく 頭痛がする 手が震える 肩がこる 便秘 めまいがする 吹き出物ができる 動悸がする 消化不良になる 背中が痛い 息切れがする 足がつる お腹が張る 頻尿になる 口が渇く 胃が痛い 口内炎ができる 胸焼けがする 吐き気がする 肌が荒れる 顔がほてる

2.普段の考え方や行動で当てはまるものがあればチェックしてください(複数回答可)
 いつも良い結果を期待している 簡単にリラックスできる 計画が失敗に終わることは自分にはよくあることだ 自分の将来について楽天的に考えている 友達と楽しく過ごすことが多い 忙しくしていることは自分にとっては大切なことだ 慌てることは少ない 物事が思い通りに運ぶと期待することはほとんどない 良いことが自分に起こると期待することはほとんどない 自分には悪いことよりも良いことが起きる方が多いと考えている

3.現在治療中の病気やケガがあれば具体的な病名をご記入ください。

抗生物質を服用中ですか? 

4.過去に治療や手術、入院をされた経験があれば、具体的な病名をご記入ください。

5.ご家族・親族に以下の病気をされた方がいらっしゃればチェックしてください(複数回答可)
 心疾患 糖尿病 呼吸器疾患  膠原病 自己免疫疾患 血液疾患 肝臓疾患(肝炎など)

6.該当するアレルギーがあればチェックしてください(複数回答可)
 花粉 食べ物 金属 ハウスダスト 動物  その他

7.便通について当てはまる(近い)ものをチェックしてください。
 a.頻度* 
 b.状態* 
 c.臭い* 
 d.色*  

8.女性の方にお伺いします。
 現在妊娠中、もしくは授乳中ですか? 
 生理に関して気になることはありますか?

9.お困りの症状・改善したい症状*